台風19号の教訓の私的備忘録1

台風19号は、大型で猛烈な台風で、先日被害がでた15号とは比べものにならないほど大きい。そして通常西日本や東海に上陸してから関東に影響を与える台風が多い中、ほぼ伊豆、関東を直撃上陸してくる珍しい大型台風でした。先日15号で被害がでたこともあり、かなり厳重な警戒と準備をして望みました。その結果、一部河川で決壊による水害が発生したり、死者もでましたが、当初の予想ほどの被害になりませんでした。予想は最悪の事態を想定・・・なので予想通りになっては困るのですが・・・。今回個人的に「予想のような被害がでない」という予測の元、台風情報をつぶさに観察、また周囲を見る機会に恵まれました。あくまで個人的な視点で備忘録として府中を中心に記載したいと思います。

台風19号翌朝の多摩川

<多摩川決壊の恐怖と市民行動>

結果的に台風上陸後は数時間で通過し、その後風は残ったものの、多摩川上流を含め雨はおさまったため、多摩川で大きな決壊・氾濫はありませんでした。それでも12日の雨量は凄く、台風上陸前までに多摩川が氾濫する危険性がありました。

twitter民を中心に情報発信が個人から出る中、デマ情報や基礎的知識が薄い方からの多摩川氾濫の情報や写真がかなり早期から出回りました。堤防から水が溢れるように見える動画などが拡散されました。その一部の動画は意図的に情報をコントロールしたいがための動画だったりアクセスを増やしたいから、のようなものもありました。twitterの情報はリアルタイムな反面、そのような個人の意志や知識不足からの情報もあるので、すべてを信じてはいけません。多摩川は奇跡的な粘りを見せ、大規模な氾濫を防ぐことが出来ました。これは関係各所の努力もありますが、あくまで自然の気まぐれ。もし上陸後の台風の位置関係が・・・とか条件がちょっとでも変わっていたら大規模災害になっていたかもしれません。が、かなり煽ったtwitterの発言も多かったです。twitterは参考までに・・・にしておかないと痛い目にあうかもしれません。また発信者もだれでも見ることができるメディアなわけで、ある程度責任をもって発言する必要を感じます。デマ拡散はもってのほかです。

府中ではそのような個人発信の情報がある程度出てから避難勧告が出ました。出てから府中市の動きは非常に迅速でした。惜しむらくは、避難開始をもう少し早くだせていたら、暗くなってからの避難をもう少し防げたのでは?ですが、結果的に氾濫する可能性は少なかったことから、妥当な判断だと思います。エリアメールは五月蠅いとの意見も多かったですが、年配者が使うガラケーなどでも情報が言ったため広く行政からの情報が周知できたと思います。避難所などでは一斉になって本当に五月蠅かったと思いますが・・・。

避難所への避難は大雨ですから車で移動した方も多かったです。そのため近隣道路が車で埋め尽くされる・・・こともありました。緊急時だから仕方がないのかもしれませんが、車両の通行の邪魔になることもありました。府中でこのように大規模に避難所を設営したのは初めてのことだと思います。今後の課題だと思います。また避難所へのペットの連れ込みでもめたり、いざ行ったら避難所が満員だったということもありました。正直個人的に、そんなに避難が進んでいたとは思っていなかったのでびっくりです。とにかく明星のような私立、刑務所の体育館など使えるところはすべて使う姿勢、協力体制ができていたことは今後の災害でも心強いです。今回は府中市的には被害が軽微だったので、良い訓練と情報収集になったものと思います。

避難所が満員になるところが多かったと言うことは、それだけ今回の大雨に恐怖を感じた方が多く、また多摩川の決壊の可能性を住民が感じたからだと思います。それでも無関心の方が多くいたのも事実。災害が少ない府中で、なかなか災害対策は難しそうです。

また、個人宅での停電でパニックになって外に飛び出して車にひかれそうになった人もいました。また雨戸を閉めていないで在宅している人もいました。前回の台風15号で自転車が倒れていたアパート、今回も何も手を打たず自転車が倒れて散乱していました。停電の可能性から、家電量販店からモバイルバッテリーが消え、スーパーやホームセンター、コンビニから、調理しなくても食べられるパンが、消えました。カップラーメンや水も一気になくなりました。ホームセンターではレジ待ち30分なんてところもありました。情報が多いからこその、統一したかの行動も多いですね。そういえば、米印に養生テープやガムテープをガラスに貼っている家、かなり多かったですが、効果が薄いだろうな、という貼り方も多かったです。ネットやテレビで拡散されたのだと思います。車の冠水が怖くて、コイン駐車が可能な商業施設(閉鎖中)に車を入れようと行列も出来ていました。今後の課題は残ります。