現在の電子決済・電子マネーの状況をまとめてみた

最近、実店舗の決済方式が本当に乱立しています。それに伴い、PayPayや7payなどのトラブルも目立ちましたが、国の方針でキャッシュレス化を進めるぞ!!ということで、特に店舗は怖がって導入をためらう時期でなくなってきました。消費増税後のキャッシュバックも受けられるため、小さなショップなどでも急速に導入が進んでいます。

個人的にはPayPayの躍進ぶりは凄まじいと感じています。バーコード決済では頭1つ抜けたのではないでしょうか??手数料や導入しやすさなど店舗側のメリットも高いです。まあ店舗側がもともと電子決済をもっていれば、の話ですが。まあ形だけ導入している店も多く、課題も多いでしょう。

メルカリでお馴染みのメルペイも、思った以上に健闘しています。キャンペーンなど非常に使いやすいです。メルカリでの売上げを現金化しにくくなったので、外部の店で使えるのは魅力的です。試しに使うにしろ、PayPayと異なり売上げがあれば、それを使えるので手頃です。メルカリユーザーはいざというときに使えるようにしておくと良いでしょう。

楽天ペイは、比較的早期から始まったのに「地味」です。楽天系は規格が乱立し、楽天ヘビーユーザーの私でもわかりにくいです。とはいえ楽天ポイントを使えるのは魅力です。特に期間限定ポイントの消費にはもってこいです。セブンイレブンが使えないのが最大の欠点ですが、メルペイかPayPayと併用すればOKです。あと小さなショップの導入のメリットですが、Suicaや楽天EDYが使えるのが地味に便利です。小さなショップの導入は、お試し、ならPayPay。それなりの効果を、と思うなら楽天ペイとPayPayの2本立てが良いと思います。

最近の~ペイは、スマートフォンがあれば使えるため手頃です。おサイフケータイのような搭載していないと駄目!ということはありません。ただおサイフケータイのほうが手軽なのも事実。特にSuicaはなくならないでしょう。逆にそれ以外はなくなるかもしれません。楽天Edyも楽天にいつ見放されるか?ドキドキです。逆にSuicaを使うためにおサイフケータイ系をもっておくというのもメリットです。ガラケー系(ガラホ含む)のおサイフケータイはSuicaが使えなくなるようです。なんだかな~と思いますが、JRですからね・・・。

さて、今日は参議院選挙投票日でした。私も朝一番で投票してきました。市議会とかと異なり2枚投票できるのでお得感がある・・・わけないか。ないけど、ちょっとだけワクワクします。このわくわく感をうまく使って投票を楽しいものにすればいいのに、と思ってしまうのは私だけでしょうか?投票所でお祭りにするとかね。せっかく税金でたくさんのお金を払ってやっているわけですからね。あの冷たい雰囲気はなんだかね~と思ってしまいます。