KIZUKURIの新旧バージョンのインストール

木造構造計算ソフトKIZUKURIは長いことVer7台となっています。インストールフォルダはずっとKIZUKURI_V7だったりします。機能が大幅に違うので、V7系二種類インストールしたまま、にしたい方も多いと思います。特に最新にV7.7系は青本の計算ができなくなっています。これは必要ないと思うのですが、結構最近まで使っていたり、古い計算結果の検証などでは使う方がまだまだいると思います。私も頼まれたので検証してみました。V7.1とV7.7の共存です。

注意)これはメーカーサポート外の使い方です。

まず、V7.1をインストールし、V7.1の最新版までアップしておきます(これ重要)。基本的にアップデートは最新版にしか適用できないので。V7.1をインストール終えたら、フォルダ名を「KIZUKURI_V7-1」に変更します。

次にV7.7をインストールします。フォルダはそのままで大丈夫です。これで両方使う事が出来ます。V7.1を使うときのショートカットは画面かどこかに登録しておき名前を変えておけばOKです。

この使い方の利点は欠点と背中合わせです。ぱっと見どちらのバージョンか分かりづらいですし、前回開いたファイルの履歴などは共通なのです。まあ基本は最新バージョンで、古い物はV7.1のショートカットで開き慎重に保存などを考える・・・ということを心がければ問題ないでしょう。知人はこれで問題ないといっています。

V7.7のほうのフォルダ名を変えてしまうと、アップデートのとき7.1のほうが対象になってしまって、アップデート出来ません!とエラーが出ますので要注意です!!

V7.7の評判が悪いですが、一応新グレー本2017に対応していて短期めり込みの計算が楽ですし、金物工法への対応も楽です。青本ができない、めり込み設定が変わったとか、画面が見にくくなったとか、V5のときと同じような苦情をよく聞きますね。V4.85とかもそんなことあったような・・・。まあすぐ慣れると思います。逆に使い続けることが苦痛だったら素直に、HOUSE-ST1やSTRDESIGNに移行することをお勧めします。斜め軸、基礎と一体で計算などメリットが非常に多いですからねえ。