3万円うす型ノートパソコンが熱い!!構造計算向け??

ドスパラで新発売となったDiginnos Note Altair VH-AD3Sは、税抜き29980円。この価格のノートパソコンは数ありますが、一番実用的です。特に動きながら仕事をするであろう構造屋にとっては!!

CPUはCeleronのN3350。遅いと思われていますが1.10GHzながらデュアルコアでバースト2.4GHz!!と意外と実用的なスペックです。消費電力も低くモバイルには良い選択です。メモリは4GBと構造計算ソフトならなんとかなるメモリ。ディスプレイは14.1インチの非光沢!!なんとフルHDです。14.1とモバイルでは比較的大きく解像度も高いので大きめの物件でも安心です。そしてこの余裕がある大きさながら、1.37kgと非常に軽量。厚みも16.9mmと薄く持ち運びに威力を発揮します。N3350なので、この重量でもバッテリーは8.8時間とちょっと外にでるには十分な容量を確保しています。

セキュリティ面ではこの価格なのに指紋認証を備えるのが画期的です。

まあ価格が安いので欠点はあります。まずストレージがSSDではなくeMMCとちょっと遅いです。しかも64GB・・・。この容量だとインストールするアプリを選びますね。構造系はそれほど食わないとはいえね。microSDカードリーダーがあるので、データはそこに置けます。USB3.0が2個あるので一個はマウスで・・・という感じも想定できます。もう一つ、薄型軽量の犠牲としてテンキーはありません。これは人によっては困るのではないでしょうか?私のようにテンキー無しでも構造計算で支障がない人には大丈夫ですけど。うす型のテンキーも売っていますのでそれを使うという手もあります。

前面カメラやHDMIポート、マイク入力・ヘッドホン出力端子(共用)ももついていて過不足ない感じも魅力的です。デザインもスッキリしていて好印象です。

最近は魅力的なノートパソコンが安価でいいですね。もちろん先端のノートパソコンも価格が下がりつつあるものの、まだまだ高価。使い道を考え選択するといいと思います。