小規模住宅への省エネ基準適合 設計時に「説明」を義務化

新建ハウジングホームページにて

詳しくは上記ホームページをお読みください。ついに一般的な戸建て住宅にも省エネ義務化へのステップが始まろうとしています。

設計時に省エネ基準への適合しているかどうかを、設計者が説明することを義務づける、というもの。必ずしも適合する必要はないが説明が必要、ということです。あくまで12月3日に開かれた有識者会議での方針案で、まだ決定ではないが、今後徐々に省エネ住宅の義務化へ向けて進んでいくと思われます。