CLTの構造計算ソフト、ルート3も登場

昨日、他の構造計算ソフト会社の営業さんから、こんなソフト出たんだよ~と情報が。

【建築業界初!】CLTに特化した構造計算ソフトを開発!

CLTの構造計算ソフトといえば、東京デンコーがルート1のものを出したのが記憶に新しい。ルート1じゃね・・・という落胆した設計者は多かったはず。もっとも最初に出してきたことに感謝ですが・・・。

しかし、今回ライフデザイン・カバヤ株式会社が開発した物は、グラフィカルなユーザーインターフェイス、ルート3まで計算できるという画期的な物だ。更に(財)日本建築センターの工法評定も取得したそうです。ルート1に比べて、設計が柔軟で、壁量を減らせるメリットがあり、CLTの普及が望めそうですね。

日本CLT技術研究所のホームページにあるものとほぼ同じに見えることから(まあ、カバヤが運営しているから当たり前ですが)、相当準備をして開発されたものと思えます。ルート3の解析は、今までMidasなどを使って非常に大変なものだったので、どうやって短期間で開発したのか?興味があります。また一般販売をするのかどうか?も気になりますね。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。