HOUSE-ST1のプロテクトの利点

購入者から質問(本来は買う前に確認してほしい)があったので回答。

商品はCD-ROMで提供されるので、CDドライブのないノートパソコンなどで運用しようとする方は注意が必要です。ネット上にインストーラーが上がっているソフトなら、ダウンロードセンターに登録し、ログインして更新ファイルをダウンロードすればインストールできるものもあります。CDを無くしてしまったときなど、試してみる価値大です(普通はサポートに連絡して対応してもらいましょう)。

HOUSE-ST1の計算ソフトという側面以外の利点は、そのプロテクト形式にあります。一時期流行だったUSBプロテクトは廃止になりました。ネット認証なのですが、他社に比べて秀逸です。起動時に自動認証して、終了時に自動で返却することが設定で可能です。この方式で運用していれば、職場のディスクトップパソコンと家のノートパソコン両方にインストールしておき、どちらでもHOUSE-ST1を起動して運用することが、非常に手軽にできます。もちろん同時起動はできませんが。またネットにつなげない環境で運用するとき、認証したままにすることもできます。柔軟に運用でき、ミスなくネット認証解除できるのは、この手の構造計算ソフトの中ではダントツピカイチです。もっとも構造システムの構造計算ソフトは共通なんです。最近このシステムになって複数のソフトの運用が飛躍的に楽になりました。以前はいちいち認証していましたからね(遠い目・・・)。

また起動時にアップデートを確認してくれます。またソフト上からアップデートができるのもポイントです。一回ソフトは終わらせなければなりませんが、いちいち会員サイトに飛んでダウンロードして、インストールを実行・・・という面倒くささがなく、パソコン苦手な人も安心です。構造計算ソフトは、FAXでインストール番号を送って貰って認証するタイプや、ソフトダウンロードが手間なもの、インストーラーが面倒なもの、ネット認証のインストールが煩雑、など面倒なものが多いのですが、構造システムのものは安心。なので安心して薦められます。

まあ、ソフト自身が一番大切なのはいうまでもありません。サポート力も重要です。が、そういう環境も大切だと感じます。