3Dアーキデザイナーって便利

最近は、リフォームや新築の下案はアーキデザイナーで作ってます。思考が止まらないのでらくですね。アーキトレンドって自動立ち上げ後の柱の除去などいろいろ考えてしまうので、下案作りには向きません。もちろんマイホームデザイナーでもいいのですが(爆)。ポンポン置いていくのは楽で良いですね。複雑なプランではストレスが貯まるんですけど。構造検討においても、柱がないので、構造計算ソフトで入力時に自由に入れられるので思考の妨げにならないので良い感じです。

ただ個人的に困っているのが寸法。柱がないからこそ・・・なんですが自動だとあまりよろしくない結果になりがちで。いちいち自分で記入するのも面倒ですし。まあ本来そういう目的のソフトでないから仕方がないですね。

家具などの納まりもわかりやすいので、この業界入ったばかりの人間にもいいですね。パースをきれいに書くだけではない、いろいろな用途が思い浮かびます。規模を活かしてアドベンチャーゲームのマップなども作れそうですし、漫画の背景にも使えそうです。建築に絞らないで自由な発想で考えて行きたいソフトです。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。