DH土台あんしんプレート

木造構造計算も新しいグレー本2017対応の話しがチラリホラリ。関東では短期土台めり込みの検討が必須じゃない審査機関が多かったこともあり、主に土台めり込みの話しになりますね。

さて、昨年発売された土台プレートで、ダイドーハントのDH土台あんしんプレートが最近話題になります。

厚さなどはタナカの土台プレートⅡと同じですが、やや幅が広く、アンカーボルト施工用の穴が空いているのが特徴です。ちょっと大きな穴だな~と思いますが、アンカーボルトの位置が若干ずれても大丈夫ですし、同社の10kN仕口金物のDHクランクコーナー10大地を取り付け可能、枠材も施工可能など、よく考えられています。アンカー用の穴が偏心していて、裏表使い分けると更に広い範囲をカバーできるのもいいですね。105角用と120角用が発売され、それぞれ許容めり込み耐力も細かく示してくれているので安心感があります。

もっともこの手のプレートに頼ることなく安全な建物を設計することが必要だと思うのですが。そして国も矛盾点解消はいいですが、本当に中通りでそんなにめり込みで建物が壊れるものなのか?こんな金物を入れたものとそうでないもの、どっちがいいのか??など検証して欲しいところです。といっても最近の木造は固すぎて確かに基礎も土台も本当に大丈夫なのか?疑問には思いますね。

新グレー本には間柱の方法も掲載されています。筋かいなど干渉がなければそっちの方がいいかな~と感じます。