ZenFone3 ZE552KL入手

手持ちのスマホの麗の挙動がおかしくなったので、仕方なく購入。通常のZenFone3にしようかな?と思ったのですが、せっかくなら日本で出たばかりのZE552KLのほうがいいかな、と思って買いました。ちなみに通常版が5.2型でこれが5.5型で大きいのですが、私のような鈍感なものには、あまり差を感じません・・・。

違いは、ディスプレイの大きさだけでなく、メモリ。ROMが64GBと大きいのが嬉しいし、RAMも4GBと地味に嬉しいです。これだけ差があって金額差はそれほどでもないです。多分無印ZenFone3が高いだけです。

あとの仕様はほぼ一緒。auユーザーにとってはいざというとき差し替えが可能というのは心強いです。今回はOCNモバイルONEのSIMで利用しています。

さて、麗には申し訳ないのですが、同じ時期の設計の割に天と地ほどの差があり、愕然とさせられます。麗には麗の良さがあり、価格差もあるので一概に比較は出来ませんが、違いすぎてビックリです。

まず速度。使い込んでメモリが圧迫されている麗と比較するのものではありませんが、すべての動作が比べものにならないくらい快適です。麗を使い始めたとき感じたもっさり感が皆無です。これならすこしくらい速度が落ちてきても我慢できそうです。麗で壊れそうで心配になる物理ボタンも、Zenfone3では物理センサーで安心。バックライトは正直見えないですが、長年Androidを使い慣れているせいか?麗のような特殊インターフェイスに比べて使いやすいですね。

画面は麗もきれいでした。インチの違いは鈍感なのか?それほど感じません。キレイ見やすいのです。

音声もキレイです。050plusやLineの会話は良い感じです。麗も悪くはなかったのですが・・・。

何よりもバッテリーの持ちが違います。麗は頑張って一日・・・という感じで現在はどこかで充電しなければ・・・ですが、Zenfone3は2日持ちます。正直1日持てばいいので、これは十分過ぎます。無印Zenfone3はバッテリーが小さいのですが、これは大きいのでその効果でしょうか??これだけでも移行して大成功でした。しかもあまり熱くならない・・・・麗は熱すぎましたからね。

期待していなかったカメラは、凄い!の一言。麗では手ぶれやフォーカス間違いに悩みました。猫もまっくうまく撮影出来なかったし。光学手ぶれ補正は伊達ではなく、静物は本当にピシッと決まります。その証拠に動いている猫は厳しいです。それでも麗ではほとんど無理でしたが、かなり決まって撮影できるコマが増えたので助かります。暗いところでもきちんと映ってくれます。コンパクトデジカメを持ち歩かなくてもいいかな~と初めて感じました。画質的にもまあまあですが、きちんと映ることがスマホのカメラでは大切ですね。これで現場でも安心して使えます。シャッター音が邪魔ですが、それほど気になる音でなくて良かったです。麗は消せるので良かったですけど(麗の美点です)。

ASUS独自の機能も優秀で助かります。特にCと書いてカメラが起動するのは地味に利用価値大です。シャッターチャンスを逃さなくなりました。画面タップとかいろいろ考えられていますね。麗はいろいろと新機軸が多かったですけど、まだまだかな、と感じることが多かったです。Zenfone3はそんなことが少ないです。

無線LANのつかみ方も非常に良いですし、bluetoothも麗のように不安定さは感じません。ということで非常に満足です。若干、というよりかなり高かったけど、これくらいじゃないと仕事上は・・・とも思ってしまいます。スマホをハードに使ってなかった1年前には気がつかなかったことです。やっぱり使い方によって変わりますね。愛用していこうと思います。

 

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。