HOUSE-ST1 Ver7のトラスの勾配

HOUSE-ST1 Ver7のトラスですが、形状はTG2のキングポストトラスのみですが、制約のおかげで非常に簡単に設計できます。

具体的には、トラスを構成する部材のサイズと材質を指定し、あとはスパンのみ、という非常に単純な入力で計算してくれます。

ただ、ダイアログに勾配の項目がありません。サンプルを見るとほぼJIS技術資料のもので、四寸勾配でした。ヘルプを見ても解説がないので、勾配固定でスパンだけなのかな~と思ってサポートセンターにメール入れておきました。

そしたら早速回答が(ありがとうございます)。

なんと接する屋根面の勾配で判断するそうです。う~ん。自動でその数値を読み取ってもいいから、ダイアログ内に表示してほしいところ・・・。

で、サンプルの勾配を六寸にしたら・・・結果は精査していませんが、無事六寸で計算されました。その過程でサンプルの荷重条件の風力係数が間違えているな~と思っていたら、屋根勾配のX方向が間違っていました。サンプルはサンプルなので間違い探しをするのは計算書を読み込む上でも大切ですね。

(※個人的には荷重条件の屋根勾配で調整するのかな~と思っていたら違いました。確かに屋根の勾配は複数ある場合が多いので、HOUSE-ST1の手法のほうがいいと思います)。

過去にやった木造トラスの設計を、TG2に置き換えながら、どれくらいがいいかな~と試しています。「木造軸組工法による大スパン架構の提案(一般社団法人日本木造住宅産業協会)」と併せて用いるといろいろできるな~と感じます。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。