777gの13.3型ノートパソコンが富士通から

品質の良いノートパソコンを地味に出し続けていた富士通が、とんがってきました。13.3型で世界最軽量777gのモバイルノートパソコン「LIFEBOOK UH75/B1」が発表されました。

軽いノートパソコン大好きな私にとっても非常に魅力的な機種です。最近は海外勢もうす型、軽量化は国産勢を凌ぎつつあるので、富士通もがんばって欲しいところ・・・と思っていたのですが。

残念なのが既存のシリーズだということ。せっかくだからきちんと宣伝できるように新シリーズにして欲しかった。その当たりも地味ですねえ。

でも性能・パッケージングはなかなかです。バッテリーは8.3時間。あくまで世界最軽量を狙っているのだから、これくらいで良いと思います。NECと同じく、大きなバッテリーを積んで913gという機種も発売します(こちらは17時間)。

明らかにNEC狙いというのがわかります。それほど多く売れていないNECのLavie Zeroを標的にするのもどうかと思いますが、まずは世界最軽量実現でライバルが増えたことを素直に歓迎します。

さて、CPUはCore i5-7200Uなので、ちょっとした仕事には十分過ぎる性能です。メモリは4G、SSDは128G(重い方は256GB)。この当たりはちょっと残念です。液晶はフルHD。カードリーダーはSDカードスロットが搭載されHDMIや有線LANも搭載。USB3.0も3基。そして流行の指紋認証センサーも搭載しています。ソフト面ではオフィス365とATOK2016。うん。良い感じです。急速充電や後方排気口など設計も新しくスペック以外にも見るべきところが多いです。

ヘビーユーザーには受けない堅実なパッケージです。特にNECに比べて有線LANと指紋認証があるのは大きなポイントですね。私はSSDが大きいモデルが魅力に感じます。それも世界最軽量モデルよりも重量が重いけど、十分に軽くてバッテリーが持つ!というのがポイントです。やっぱりスペックって大事だなと思います。

NECも対抗機種を用意している様子。正直あまり重量差はないうえ、軽量化だけ考えたら、まだ余裕がある機種(すごいな~)らしいので期待しています。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。