木造BIMツール1.3.6リリース

3DCADのVectorworksの木造BIMツール1.3.6がリリースされたそうです。 Vectorworks BIMlog

そういえば最近リリースされていませんでしたね。もうすぐバージョンアップだというのに。

さて、今回の新機能は

円弧面積作成ツール
車両軌跡ツール
偏心率計算コマンド

のようです。その他改良点もあるそうです。詳しくはBIMlogをご覧くださいませ。

木造のBIM化って一気に進むと思っていたのですが、意外と普及しませんね。メンテナンスやリフォームが多いからこそ、BIM化の恩恵を受けると思うし、設計者も個人で管理できる大きさなので個人事務所でも扱えるのでは?と思っていたのですが。ST-Bridgeに木造が対応しないと駄目なのかな~とか、原因を色々考えて見たのですが、BIM化しない理由が見つかりません。

VectorWorksにしろ、ArchiCADにしろ、Revitにしろ、設計レベルでは特に問題ないはず。ただBIM化のメリットがどこまであるか?が図れないだけでしょう。実際私もそうです。図面の整合性だけでもメリットが高いと思うのですが・・・。