今後は顔認証か?

スマートフォンなどプライバシー満載のものは、セキュリティは非常に大切です。正直4桁のパスコードでは眺めていれば簡単に推測できる・・・という人もいるくらい心許ないのも事実。そして面倒・・・。

そこで最近は指紋認証が増えてきています。私は昔から指紋認証を多用していますが、便利ですね。パソコンも最近は指紋認証が増えてきて嬉しい限りです。なぜLet’s noteなどで搭載されないのか?逆に不思議ですねえ。

さて、そんな指紋認証にも弱点はあるのですが、最近のwindowsは顔認証できるパソコンが少しずつ増えています。Windows Hello というWindows10標準の機能を使っているそうです。ただ顔認証は、それに対応したカメラが必要です。最近のタブレットやノートパソコンにはほとんどカメラがついているので、これで大丈夫では?と思うのですが、MSはそれ以上を求めています。非常に高度なセキュリティと認識により、Intel RealSense 3Dカメラのような赤外線センサーを搭載しているカメラでないと駄目のようです。SurfacebookやNECの一部のノートパソコンなど搭載されているパソコンは高いものがほとんどです。赤外線が使えるなら、サーモグラフィーも併用できたら・・・とおもうのですが、そのような商品でもないようです。顔認証の欠点は写真でも簡単に認証できそう・・・ということですが、もちろんそれを避ける為の赤外線センサーで写真ではまずログオンできないそうです。

普通のパソコンなら座っただけ(顔をPCに向ける)でロック解除できるのは本当に手軽です。指紋のように一動作がないですから。でもやっぱり「パソコンを触るぞ!」的な動作がほしいところで、その点では指紋認証のほうが、意図的に動かしている感覚はあるでしょう。でもタブレットでは話しは別。盗まれやすいですし、顔を向けたら・・・というのは威力があります。もっとも電源ボタンおしているのだから、指紋認証でもいい・・・(最近の指紋認証は電源ONと同時に指紋認証できるようです)です。そうなると、顔認証はディスクトップ向けなのかもしれません。また出先で多用するノートパソコンはディスプレイを開くという動作があるので、顔認証に向いているかもしれません。

個人的にはパスワードを忘れやすい正確なので、指紋認証にしろ顔認証にしろ手間が省ける機構は好きですね。今後もっと一般的になってくれれば、と思います。