i-ARM ver1.0.1.5

建築ピボットのBIMソフト「i-ARM」がアップデートされています。8月末以来ですが、一ヶ月ちょっとの割にかなりパワーアップしています。

インポート機能がまず充実しています。FBXファイルのインポートにも対応しました。また斜め柱や斜め梁の入力・編集に対応。他にも実用的な部分での実装が進んでいます。

また30日評価版も同じバージョンのものが試用できるようになりました。

企画・基本設計・検討系のBIMという唯一の領域を切り開き始めたi-ARM。商品紹介のトップの部分にもBIMとしての文言は減ってきてその部分は残念なものの、面白い方向に行っています。シンプルBIMという呼び名も違和感を感じます。企画・検討系BIMという呼び方が適切だと思います。LAB-SSやSAVE-建築といった企画・省エネ系のソフトや、BUSのような構造系のソフトと連携が本格的にできるようになれば、評価が変わってくると思います。頑張れi-ARM!!