SHF33

SHF31が発売されて1年半あまり。ガラホという新しい概念で一定の評価を受けました。その後、volte対応の、SHF32を経て今年の夏にSHF33が発売されました。SHF31が大破したのを期に、機種変更しました。
驚くべきことに2世代変わったにも関わらず電池は同じでした。共用できるので助かります。筐体、キーもほぼ変わりません。サブディスプレイの方向が変わったのですが前の方が見やすいという人も多いのでは?慣れが必要です。
またタッチクルーザーの感触が大幅に変わりました。SHF31ユーザーは戸惑うと思います。シャープは既存のユーザーを大切にしないのでしょうか?特にスクロールしようと思うとその癖に悩みます。たぶん改悪ととられても仕方がないでしょう。
そのほかはレビューなどで触れられていない細かい点も改善されています。google 検索などもスムーズにいくようになりました。ガラホで苦情があった部分を改善できる範囲でなおしているようです。
反面ハード的にはカメラが少し改善されたくらいでほとんど差はありません。これだと買い換えるメリットは薄いです。volte対応で音声がややクリアになりましたが、若干音が割れ気味でプラスマイナスゼロな感じです。
おサイフケータイでedyとsuicaだけ使い、通話と着信メールのみの処理なので私個人的には一番の機種であるには変わりません。裏技とはいえサイボウズkunaiも便利に使えますし。SHF31が大破しなければ買わなかったかもしれませんが、今度も使いつぶそうと思います。