SAVE-住宅 Ver4

なんといっていいか・・・

住宅(主に共同住宅)向けの省エネ計算ソフトのSAVE-住宅がVer4になります。10月上旬出荷予定のようです。Ver3は2015年春に発売したわけで、ちと早すぎるのでは?と感じます。もちろん既存ユーザーは会員加入していれば無償バージョンアップなのですが、正直Ver3は完成度が何だかな~と感じてしまいます。販売店向けの情報も何も新しい部分もなくバージョン番号のみなのかな~と寂しく感じます。

とはいえ、バージョンアップした理由は明快で、平成28年版判断基準への対応があるからです。一次エネルギー消費量が住宅全体で評価となり非常に設計しやすくなります。これは素早く導入したくなりますね。どんどん変わっていく法改正・環境に適合していくにはこまめな対応が必要な省エネ計算ソフトにとっては重要なことなのかもしれません。

もっともSAVE自体の設計が古くなっており、入力形状や計算書出力、操作性など不満が高まってきてるので、このタイミングでどのような改良が施されているか?興味大です。個人的にはこのバージョンか次バージョンには根本的に設計を見直したほうが、今後の機能追加などがやりやすそうだな~と思っているのですが。

定価が30万円するソフトなのでもう少し頑張ってほしい、と思っています。年会費もSAVE-住宅とSAVE-建築で別カウントなので両方持っていると両方とも年会費がフルでかかってしまう(二本目以降は割引なのに)という不条理な状態も続きます。以前みたいにネーミングで混乱!ということも減りましたので、あと一歩のような気がします。

意外と知られていませんが、DRA-CADアソシエイト会員もキャンペーン期間は二割引で購入できます。これは非常に大きいです。あとはどれだけ計算で使うか?でしょうね。

 

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。