i-ARM Ver1.0.1.4

忙しくて紹介するの忘れていました。見捨てているわけではありません。例のRevitが木造住宅レベルにもすり寄っているようですが、i-ARMは気にせず完成度を高めていってほしいものです。

とはいえ、アップデートされてもなかなか先行者の背中は見えてきません。苦しいと思いますが確実に使えるようになってきます。ユーザーは見ています。昨日あるプログラムに対して、とある団体が暴挙ともいえる決定をしました。まあそういわれるのは仕方がないことなのですが、何だかな~と思います。

さて、今回のアップデートでは、印刷設定コマンドがようやく実装されました。貧弱でしたからね・・・。PDFエクスポートもようやく実装されました。同社なら簡単に実装できそうなものを・・・。そしてSketchUP2016のファイルに対応しました。順調にユーザーを減らしているSketchUPですが、まだまだ影響力があると踏んでいるんでしょうね。周囲に2016を持っている人・・・見かけませんねえ。ヘビーユーザーのバージョンアップが止まっているような・・・。ST-Bridge関連も修正が加えられているほか、いくつか強化されています。

今は、構造設計とGLOOBEの連携で手こずっていて新たなプログラムを導入する時間も金もないのが現状です。SEINもGLOOBEもなかなか手強い・・・。