FreeCommander XE

最近、仕事が忙しいというより、多数のプロジェクトを抱えています。PCを起動してそれぞれのファイルを開くのが面倒・・・となってきたので、FreeCommander XEを導入しました。

FreeCommander XEは2画面のファイラーです。最近はウィンドウズのファイラーが優秀になったので、この手のファイラーを使う人も減りました。

プログラム的には、プログラム言語のテキストでは最初のほうにファイラーがあるわけで、気に入らなかったら作ればいいだけ・・・というのは昔の話。私も一時期自前のファイラーを使っていましたがメンテナンスが面倒なので次第に使わなくなっていました。

FreeCommander XEの良いところは、よく使うフォルダを固定したまま起動できることです。お気に入りなどで手軽に開くことができるファイラーはいくらでもありますが、固定ですのでそのままスムーズに仕事に入れます。また開いたフォルダを固定したままにできるので、そこから動いてもそのフォルダ位置は画面上に保持されるので楽でいいですね。日本語化も設定だけで可能なので敷居が低いです。二画面ファイラーなのでもちろんファイルのコピーも楽です。これで物件処理がかなり楽になりました。

ただ私には多機能すぎます。できればタブファイラーでフォルダ固定だけできるシンプルなものを作りたいです。まあDelphiも今はないのでちょっと無理そうですが・・・。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。