木造2階建ての建築基準法の耐震強度は適切か?

熊本の地震の結果、新耐震の住宅だけでなく、2000年以降の木造住宅、耐震等級2の木造住宅が倒壊したことにより、現基準が適切か?という意見がでてきています。私なりに考えていることをここで書かせていただきます。

まず、1981年の新耐震。正直今となっては古くなってしまった基準です。金物の規定もバランスの規定もありません。しかしながら阪神大震災では旧耐震に比べ著しく倒壊しなかったことから、現在の基準の元となっています。そのうえで阪神大震災で新耐震の基準にも弱点がある、ということで、2000年にバランスの規定、金物の規定などが加わり現在に至ります。熊本の地震は短期間に震度7相当が二回も発生するきわめて希のなかでも希な特殊な地震に該当します。きわめて希だった阪神大震災よりも希と思われるわけですから、これに最低基準を定める建築基準法で対応しようというのは違和感を感じます。

新耐震といっても二つの基準があり、2000年より前の基準と、2000年以降の基準があります。そして同時期に品確法に基づく耐震等級も制定されました。これは建築基準法より上位の基準で耐震等級1(建築基準法と同等)、2(建築基準法の1.25倍)、3(同じく1.5倍)と三段階で評価されます。さらに壁量だけでなく、水平構面など更に基準が厳しくなっています。

なので、阪神大震災である程度大丈夫だった新耐震(1981年制定)を、更に欠点を是正した改正(2000年)を行った法令が現制度です。そういう意味では「最低の基準」という割にしっかりしたものとなっています(設計者がきちんと理解し施工も含め遵守すればの話ですが)。そして更に安全性を高めた耐震等級はある意味万全であるといいたいところです。

ただ、時代は変わりました。プレカットが主流になり腕の良い大工さんは減りました。構造のことがわかっている現場監督も減りました。昔なら設計者が間違えても現場が口を出しましたが今は図面通りやることが求められます。設計者も相変わらず木造住宅では構造軽視の状況に変化はありません。伏図が書けない設計者も増えました。未だ私が他の設計事務所に壁量計算を指導することがあります。N値計算を外注する意匠設計者も未だにいます。その人たちは計算ができないだけでなく、構造計画もおろそかにしている場合が多いのです。

耐震等級に関しては、外部構造用合板施工が一般化し、普通に内部に筋交いを入れれば、耐震等級2レベルの壁量は簡単に満たせます。つまり特別な設計とはいえない時代に突入したのです。そうなると耐震等級2は有名無実化し、建築基準法より強い住宅がほしいなら、自然と耐震等級3以上を求める流れになって欲しいものです。2だったら安心、という考えはなくしたいところです。

個人的に現基準がきちんと運用され、設計者の耐震設計の技術があがり、現場も意識と技術が向上さえすれば問題ないと思います。それ以上の設計をしたい、というのは施主の自由であり、その意識が高まれば自然に構造的に頑丈な建物が建つようになります。法改正よりも、そういった意識が一般人も建築士も上がってくることが重要だと感じます。