講習会ばかり・・・講習会強化月間

はい。最近、講習会三昧です。

この時期開催のものが多いということもあります。正直みんな忙しいみたいですけど仕方がありませんね。

CLTの講習会、耐震関連2つ、木造耐火関連1つ、ZEH関連1つ・・・・。技術的なものは、講習会にまず出てから後ほどテキストで勉強・・・というのがいいです。資料を集めに行って会場で寝ている人はだいぶ損していると思いますよ。

CLTの例題をやっていますが、ルート1のこれ、たぶん確認申請降りないでしょうね。たぶん木造軸組の構造計算している人なら気がつくはず。壁式RC造に近い考え方しているのはわかるのですが、自分なりに荷重なり地震力なり考え直さないと駄目でしょうね。まあグレー本だってそのまま使える例題ではなかったので、講習会テキストってそんなもんでしょう?と思ってしまいます。

とはいえ、だいぶ実践的な事例であることには変わりがなく、専用ソフトがでるまで、どのように切り抜ければいいか?いいヒントになっています。かなりいい感じの計算結果がでるようになってきたので、じっくり取り組んでいこうと思います。

省エネや耐震は・・・まだまだ学ぶこと多いですね。昨日の東京都耐震講習会の山辺先生の話も、知っている内容が多いとはいえ、実務を現在もやっている先生なので非常に貴重です。その前の佐藤先生の話もTAAFの講習会で聞いていた内容に近いのですが、改めて聞くと気づかされることが多いです。貪欲に学習していかなければ、と改めて感じます。

 

 

 

 

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。