構造システム・建築ピボットのネット認証移行後・・・

構造システムや建築ピボットのほとんどの製品がネット認証に移行しました。一部の商品は独自の・・・ですが(DRAも)、耐震・構造系や省エネ系はほぼ同じシステムでわかりやすいです。少なくとも普通のユーザーは。でもこの業界ソフトウェアマニアや、同じメーカーを愛顧しているユーザー様がいるのをお忘れではないでしょうか??

 

構造システムのネット認証でありがたいのが、どのソフトを起動しても、他のソフトのライセンス認証の取得や返却ができること。つまり、最初に起動してすべてのソフトウェアをONにしてしまって、帰るときすべてをOFFにしさえすれば、他のパソコンで使うときも支障がないですし、手間がかからないのです。少なくともHOUSE-ST1だけを使っているユーザーは。

20160729182005

しかし会社でネット認証を使い分けていたり、ソフトが多いとややこしくなります。上の写真は私のパソコンです。これだけソフトがあると認証をクリックするのも面倒ですしいちいちやるのが本当に苦痛になるのです。もちろん一般的なユーザーはここまでソフトを持っていないでしょうから問題ないのでしょうけど。HOUSE-DOCだけで4つもあるのはいかがなものか・・・。

せめてグループ化できるとか、並び替えできるとか、工夫をしてほしいものです。それにしてもよく集めたものだ・・・。USBプロテクトがなくなってすっきりして良かったです。