kizukuriおよびkizukuri2x4のソフトウェア事業及び登録商標の譲渡

いよいよ発表されましたね。株式会社コンピュータシステム研究所のHPに6月23日付で公開されています。

木造舎のベストセラー構造計算ソフトkizukuriとkizukuri2x4と関連事業を譲り受けることになりました。日付は7月1日です。

まあ聞いていた話ですし、長年の恩義から先日どちらも最新バージョンにアップしました。木造舎は開発からは手を引き、サポートのような業務(WEBでは設計者へのアシストサービス)を行っていくようで、完全に手を引くわけではないようです。

株式会社コンピュータシステムは、建築関連のソフトも多数扱っており、住宅プレゼンシステムのALTAや、住宅3次元CADシステムのSuperSoftⅡ、プレカットシステムやAutoCAD互換CADのジェイドラフなど幅広く取り扱っています。主要関連会社を見ても、コンピュータシステム自体を知らない人でも「ああ、」とうなずくはず。他社のソフトウェア譲渡もすでに行われており、特に心配なさそうな感じです。

なんか一つの時代が終わったな、と感じますね。すでに私のところのkizukuri利用率はかなり下がってきていますがまだまだ使うこともあるので今後に期待です。

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。