木造耐震診断ソフトの評価期限

毎度のことながら、耐震診断プログラムの評価期限は有名無実化しています。

東京デンコーの安心精密診断2012 Ver2は、期限は3月28日で過ぎ去っています。

比較的評価をとるのがうまいデンコーでもそうなんですからねえ・・・。果たしてHOUSE-DOCやアーキトレンドZリフォームエディション耐震診断なんかはどうなんでしょう。一応来月期限です。大して内容も変わらないのに審議が長すぎます。別に審議内容が複雑で長いわけでもないのに。

そろそろ各社の次期バージョンの話もチョコチョコ聞こえてきます。バージョンアップ費が嫌な反面、各社とも前バージョンからかなりの期間が経っているのも事実。そろそろタブレットに対応してほしいですし、補強設計図を書ける機能も搭載してほしいところです。診断機能はすでに完成の域に達しているわけで(次のマニュアルが出れば別)、各社機能の実装には頭を悩ましているのではないでしょうか?個人的にはまだまだたくさん実装してほしい機能が頭に浮かびますが・・・。