構造計算ソフト会社の事業譲渡の噂

前々から話題になっていた話が現実味を帯びてきたので社内で今後の方針の検討を開始しました。

まあソフト自体は生き残る訳ですし、しかも安心の規模の会社なわけで問題ないように感じるのですが(本気でそう思っています)。

ただ、釈然としない部分が残るわけで今後も使い続けるのはどうか??とも思ってしまうわけです。

実際、他の業界でも最近は規模の大小を問わず多いです。それがうまく行く場合、悪くなる場合、ばらばらで予想はできません。

まあ、今のままの世の中が続くわけではなく、常に判断しつづけなければなりません。

GCREW、筆自慢、Google Reader、1-2-3、オーガナイザー、松、松茸、TabWorks、Microsoft Works、Improv、Nifty-Serve、FD・・・なくなって大変だったソフト、サービスはいっぱいあります。それにくらべれば、事業譲渡などで継続してくれるなら、それは幸せなことなのかもしれません。その代表格がShadeなのかもしれません。