鉄骨一図

鉄骨構造図の自動生成ソフト「鉄骨一図」。2015年末に、後継ソフトウェアが発表になりました。

鉄骨一図NEXT(仮)は、今までの鉄骨一図の有料機能をそのまま無制限に使えるソフト。事実上の後継ソフトウェアです。価格は高いですが。

すけるTON構造は、構造計算データの読み込みだけでなく、自在に配置する機能も含んでいます。

対応構造計算ソフトは、SS3(ユニオンシステム)、BUS-5(構造システム)、BUILD.一貫Ⅳ(構造ソフト)です。構造計算データから図面を作成できます。3D表示ビューワーにもなりますので確認も楽です。

現在の鉄骨一図はフリーソフトで、データ変換などが有料になっています。なので今のうちのほうが得・・・なのかもしれません(汗)。