そういえばJWWの次のバージョンは?

昨年1月、本当に久々にJWWがバージョンアップしました。その後バグフィックスを続き2月2日にVer8.00dが出ました。この時点でもまだ既知のバグもあったりして、Ver7.11のダウンロードが可能になりました。なのですぐに直すのかな~と思っていたら、あっという間に一年以上経ちました。JWWの問題というより、最近時間が経つのが早い。

個人的にJWWがなくなったときを考え、業務で使うCADをいろいろ試してきた時期だっただけに、JWW8が出たときは、今さら・・・とも思ったのですがやはりちょっとした作図には欠かせないCADと感じています。現在は、DRA-CADを使うケースが多くなりましたが。

現在は若手にどのCADを勧めればいいのか?悩みますね。どれか1つといえばAutoCADといいたいところですが、AutoCADの価格と小規模事務所での導入率を考えると、転職につぶしが本当に効くのか?疑問です。JWWも先行き不透明ですし。昔のように選択肢が多ければもっと考えますが、FreeのCADもメーカー製のCADも激減してしまった現在では、BIM化も踏まえて考えると躊躇してしまいます。

せめてVectorWorksが私が使っていた頃のように安価だったら良かったのですが、現在は意外に高いです。VectorWorksはMacでもWinでも使える貴重な3DCADです。BIM化も進んでいますし、ユーザー数も多いので勧めたいところです。

3Dを使わないなら価格的にも安価で変換機能や日本の建築系の機能が充実しているDRA-CAD LEもお勧めです。DRA-CAD(通常版)は、VectorWorksより安価ですが、近年あまり機能アップもなく、3DではBIMのi-ARMが発売されたこともあり、先行きが若干不安です。DRA-CAD LEなら、3D用としてSketchUPを追加で買っても、VectorWorks(Architect)より安価です。まあ全く別なソフトですから、買えるならVectorWorksをお勧めしますが・・・。

というわけで、JWWの次のバージョン早くでればいいな~と勝手に思っている一ユーザーの戯言でした。