WALL-1

はい。WALL-1を導入しました。これで完全に壁麻呂とお別れです。壁麻呂も良いプログラムでした。HOUSE-WLやWALL-1よりも優れたところも多かったですが切り替えました。

壁式鉄筋コンクリート造の構造計算ソフトはどこも正直中途半端なものばかりです。通常では応力図すら出力しなかったり、断面リストもねえ・・・。CADとの連携機能がなかったり、部材の計算が根本的な部分もなかったりと。買った状態でだいたい計算できる木造構造計算ソフトとはかなり違います。なので買ってから面食らうことも多いと思います。

なまあずソリューションでは、HOUSE-WLやWALL-1対象の手引きの作成を開始したようです。私が開発した壁式RC造の補助プログラムも公開予定です。本来はメーカーが積極的にやっていって欲しいところではあるのですが、やるどころか、何が抜けているかもホームページやカタログにもあまり明記してありません。まあ技術者なら当たり前ということなのでしょうが、もう少し親切でもいいような気がします。

WALL-1やHOUSE-WLを買う場合は、二次部材ソフトKT-SUBを買うことをお勧めします。このソフトでスラブや小梁のデータを転送して自動的に計算してくれます。別にチャートシリーズなど持っていれば、手入力でやればいいのですが、ない場合はやはり持っていた方がいいと思います。ちなみに地下外壁のプログラムも入っているので、HOUSE-WLやWALL-1で地下室を設計したい場合は便利です。壁麻呂を利用するとき、チャートシリーズで計算するのと同じ要領です。そんなところは真似しなくてもいいのにねえ・・・。