DRA-CAD14LEの初期設定

現在使っているDRA-CAD12も特に不満がないのですが、CADやりとりが増えたのでやはり最新のほうがいいかな?と思いアップしました。DRA-CAD14LEです。

まずDRA-CAD12の環境移行を行います。設定ー環境移行より、移行したいバージョンの環境をコピーします。

初めての方は、初期設定で使ってみるというのも手ですが、過去に使っていたCADに合わせるというのがセオリーです。

私の場合、JWWがメインだったので、マルチ表示の表示がウザいので、まずは消します。文字記入コマンドで「マルチ表示でタイル非表示」と入力してOKを返すという隠しコマンドのような設定方法です。こうすれば画面がスッキリです。

JWWではワンキーショートカット(Aを押したら線みたいな)を多用していたので、DRA-CADのキーボード割付で、同じように設定します。続いてマウスの第4、第5ボタンに機能を割りつけます。私の場合第4に「戻る」第5に「レイヤグループ設定」にしています。DRA-CADにはレイヤグループの概念がJWWのように固定でないので、切り替えが面倒でした。しかし最新のDRA-CADではJWWのレイヤグループを切り替えることができます。ただ切り替えがダイアログで面倒なので第5ボタンで素早く切り替えられるようにしています。

JWWユーザーならTABボタンで属性を拾うことが多かったと思いますが、DRA-CADはTABキー割当できないので、ワンキーでQボタンに設定しています。このあたりは好みでしょう。

DRA-CADは意外とカスタマイズができるので、一度じっくり設定を見てみるといいと思います。