DRA-CADを教える

JWWは教えたことがあるのだが、DRA-CADは初めて。CADは初めての人に教えるのは意外と骨が折れるのだが、何か他のCADを触っている人間では相手の技量がわかっていれば案外教えやすいです。まあ頑固に自分の使っているCADの良さを語られるのが嫌ではあるのですが。

あのCADのあの機能はどう実現するの?のように聞かれるとこちらも教えやすいです。DRA-CADのカスタマイズはかなりマニアックな方が多いのでできるだけプレーンに教えたい、と思うのですが、それも無理なので(・・・)、その人が使っているCADの手法に近い方法を伝える。何しろDRA-CADは、DOS版のころの操作法、そのあと、リボンメニュー・・・正直バラバラです。ショートカットと右クリックメニューを使うのがいいかな~と思うのですが、JWWやAutoCADとは設定できるキーがかなり違うのが頭が痛いところ。他のCADやBIMを触っているとJWWってやっぱり異端だよね・・・と気がつきます。VectorWokrsってやっぱりいいよね。と感じます。各CADの良さ、特性で業務の向き不向きはあると思いますが、一つに絞って後は補助的・・・という感じがいいのかもしれません。

DRA の良さは変換!あと、他の図面の修正も楽です。今回はトレース図の修正をやってもらいましたが、意外にも感触はいいです。DWGにしろJWWにしろ変換ファイルにDRAが残らないのがいいです(おい!)。ファイルは変換していると無限に増えてきますからね。オーバーレイもいつのころからか、JWWのままでもできてしまますし。そういえばFAP-3のモデル化も・・・。

ちなみに、私は急いで木造のプラン図やリフォーム図を作るときはアーキトレンドで、構造図はJWWで、意匠図と構造図との合わせ、修正、変換などはDRAって感じです。GLOOBEは訓練中です(・・・)。GLOOBEを使うシーンは現在、ビル物の構造設計が少ないためなかなか・・・。春先には結構使わなければならないので練習しておかなきゃ。社内ではSketchUPも教えなきゃ・・・。なんだかな・・・

作成者: しろなまず

建築設計やっています。スマホやソフトウェアが好きです。