Allplan2016

日経のケンプラッツのホームページがリニューアルして、更にわかりにくくなりました(涙)。以前も相当わかりにくかったのですが。たぶんその是正なのでしょうけどしばらく大変そうです。

さて、そのケンプラッツからリニューアルした日経アーキテクチュアの製品ガイドに、BIM/CIM対応3次元CADのAllplan2016が掲載されています。昨年の10月26日に日本語版が発売されたそうで、全く知りませんでした。

それもそのはず、AllplanはドイツのCADメーカーのソフト。日本では馴染みがあまりないようです。ただし、IFC対応で、3D表示、レンダリング、数量計算などの機能も備え、フォーラムエイトの解析ソフトなどと連携にも対応している本格的なものです。価格も前バージョン(96万円)から32万円値下げで64万円(税別)とだいぶ販売に意欲的な価格設定となってきています。

ホームページを見る限り土木系?と思われる使い道が多く見られますね。もしかしたら建築用途じゃない使い方でメジャーなのかもしれません。オプションサービスで鉄筋露出イメージや損傷、ジャンカなどのCGがありましたので、他のCAD・BIMなどでもこれは面白いかもしれません。