GLOOBEからHOUSE-省エネ

最終的にはBIMから省エネ計算ソフトにスムーズにデータ移行できれば良いのですが、なかなか難しいです。

ただ、シンプルなモデルであれば、意外と簡単にできることはできます。逆に設計初期段階で検討してから最後にも計算書を作りやすいような・・・という流れがきちんとできればいいのですが。

20151016162709

まず簡単にGLOOBEで2階建ての建物を書いてみました。現時点では壁も窓も素材まではインポートできないようなので、適当で構いません。

20151016162851

そのままIFCにエクスポートし、HOUSE-省エネで読み込めばこの通り。計画時に簡単にチェックしたいなら、この状態から、天井や壁の断熱材を指定し、窓サッシも指定すれば、素早く検討出来ますね。RC造で入力してあるモデルでも、木造で読み込んでいたら木造になってくれます(いい加減)。意外と読み込み用のマスタを作っておけば、素早く検討できてしまいます。RC造の戸建て住宅なんかでは非常に手軽です。まあそんな建物なかなかやれないんですけどねえ(爆)。

通り芯の名前は読み込まれませんでした。読み込まれると更に便利です。