マイナンバー対策

まわりに聞いたら、どこも対策を講じ始めていない・・・マイナンバー。確かに情報量も不足していますし、大事なこととは分かっていても何から始めればいいのか・・・というところでしょうか?私のところは、一応だいたいの対策を本日までに講じました。もっとも実際作業を開始するのはずいぶん先なのですが。

さて、事業者にとって一番面倒なのは、マイナンバーを集めなければならないが、その保存がね、ということでしょう。ソースネクストのホームページを見ると、MFクラウドマイナンバーなる新製品が登場しています。標準価格は9800円。オンラインパッケージで明日発売のようです。従業員10名分までで、追加料金で人数の追加も可能です。うれしいのが、10名とは従業員の人数であって、扶養家族は無制限。取引先など10人可能なことです。これくらいあれば、小さな企業でも万全でしょうね。年次更新制で、毎年更新手続きが必要になります。

ソフト自体は、マイナンバーのインターネット上の貸金庫のイメージです。従業員からのマイナンバー収集はスマートフォンやパソコンで完結するので手間がかかりません。身元確認書類も撮影してアップロードしてもらえばいいのです。

保存に関してもセキュアなクラウド上に暗号化され保管されます。法定保存期間も自動管理で、特に手間が感じられないのが魅力的です。

ちなみに私はこのソフトの導入は見合わせましたが手軽さでは一番だと感じています。

いうまでもなく事業者にも罰則規定があり、最も重いもので「4年以下の懲役または200万円以下の罰金(もしくは併科)」が科せられる場合もあります。情報漏れはダメージが大きいだけでなく法定刑も重いので今のうちから対策を練っておくことが大切です。