VectorWorksの梁・桁ツール

なんか開発状況をブログで知るっていうのは、夢が持てていい反面、まだかな?まだかな?と待ち焦がれるユーザーにとってはじれったいのかもしれません。

VectorWorksの偏心率計算はアルファ版まで出来たようです。そしてブログでは、梁・桁ツールの改良の話しになっています。

横架材の検討で断面性能を自動計算する機能を実装中のようです。

良く考えたらBIMには断面もその性能もプロパティで持てるわけですから、簡単な計算くらいできますよね??ST-Bridgeなどに頼らず、簡単な断面検討などはBIM上で出来た方がいいかもしれませんね。