箱根噴火?

他のと違って、箱根は何か特殊事情があるようです。観測網は整っていますし、全国的にも著名であり、人里も近い・・・。のに、でてくる情報はなぜか、まどろっこしいし真実がわからない。
6月29日に、大涌谷で小規模な噴火が発生したとみられる、というやや曖昧な発表がありました。それにともない噴火警戒レベルをレベル2からレベル3に引き上げました。

まあ小さな噴火なようです。ただ噴石も直径30センチほどのものも発見されているそうなので、人が近くにいたら危ないです。

レベル3とはいえ、たった1キロ範囲の避難指示です。

やはり経済的な問題があるのでしょうか?いたずらに煽るのは良くないと日頃から思っていたのですが、箱根の場合「安全」を表に出しすぎているような気がします。正直、被害がでるような噴火の可能性は低いのかもしれませんが、楽観視するほどでもないと思います。