小規模構造事務所のBIM導入について

意匠事務所では、徐々にBIMが普及しその使い方なども確立してきましたが、構造専業の設計事務所ではまだまだのようです。

BIM会社の営業さんに聞くと、意匠面でBIM化できても、構造との連携などを考えると、対応できる会社が少ないといいます。ソフトウェアレベルで可能ということと、実際の連携とは違うのです。

意外とST-Bridgeができれば、連携はできると勘違いしている人や、RevitとSS3であれば、簡単に、と思っている人もいるようですが、そんなに簡単な話しではありません。

そして小規模な構造事務所では、その取引先の形態などで更に様々なパターンがあり、導入したら、どうすればいいのか??わからないそうです。

個人的に運用マニュアルを書いていますが、やはり想定できる顧客は限られており、現段階で利潤を生むような活動ができるとは考えられません。

特に個人事務所が取引先の半分を占める、私の事務所では、意匠事務所でBIMを導入しているところは皆無に等しく、意匠・構造の連携以前の話しなのです。

しかし、実は構造事務所だけでもBIM化するメリットは高いのです。

まず構造図の3D化。これは喜ばれます。如何に平面的図面がわかりにくいか?の裏返しでもあるのですが。パソコンの高性能化とSketchUPなどの普及で3D図面を閲覧できる環境は確実に整っています。また構造側も2Dより把握しやすいので複雑な案件では3Dでやったほうがわかりやすいのです。もっともBIMである必要性はなく、SketchUPなどで十分なんですが(汗)。ただIFCがらみを考えたり、部材のプロパティ、積算資料など他のメリットも数多くあります。

とかいろいろ考えて、実際にBIMを使っている設計屋さんに取材などしながら、書き進めていきたいと思います。