WN891はあと一歩!

マウスコンピュータの8.9型タブレット(2-in-1)WN891は、スペック上、よくそこをついたな!と思える機種で注目しています。またキーボード、オフィスがついて3万円を切る価格は思いっきり魅力的です。

PC-Watchに記事が掲載されたので興味のある方はぜひ読んでみてください。

私が注目するのは、8.9型とやや大きな液晶を搭載していること。7型のNexusを使った後、Xperia Z3 compactを使うと、その差に歴然とさせられます。このクラスは1インチの違いが使い勝手や重さに非常に影響します。パソコンとして使う場合7型は論外です。普通は10型と考えるのですが、キーボード付きだと1kgを超えてしまうパターンが多く(Surface 3はいいですね)、意外と嵩張るのです。その点、8.9型はそこそこ大きいうえ、重量も落とせます。実際、本体は481gと7型に比べればかなり重く、10型よりは軽いです。キーボード込みだと776gと1kgを大きく切っており、持ち運びに非常に有効なキーボード付きパソコンになるのです。

もちろん性能は、他のタブレットと同じクラス。解像度も1280×800と低め。でもこの大きさなら解像度はそれほど問題になりません。主にパソコンとして使い、タブレットとしても使いたい・・・という用途には十分でしょう。もちろんカメラも付いていますし、Micro HDMIもついています。USB2.0もついていますので、大きさが大きいメリットを持っていますね。また液晶保護フィルムも始めから貼ってあるのもありがたいですね。

キーボードは磁石でくっつき、bluetoothなどではないので充電など気にしなくても大丈夫です。ただ角度は変えられません。キーピッチは比較的整っていますが、DEL ESCを多用する人は要注意です。

そうなるとバッテリーの駆動時間が心配ですが、PC-Watchのテストでは、10時間くらいもったので、とりあえず問題なさそうです。価格が高くてもいいからペンが使えれば・・・と思うのは贅沢でしょうか?