ワイドFM(FM補完放送)対応ラジオを買おう

先ほどの記事にもさらっと書きましたが、一部のAM放送をFMで聞けちゃうという便利なサービスが一部地域で開始されています。なぜラジオはAMとFMがあるのか?ということは自分で調べてもらうとして、AM波は高いビルがある地域だと入りにくいですし、電波塔は平地に設置されているので、大災害などに弱いといわれています。一方FMは、高台などから放送ができるので災害の影響を受けにくいうえ、雑音にも強いです。AM放送をFMで聞きたいな~と言う人は、意外と多いかもしれません。

そんなわけで、FM放送の開いている部分を使って、AM放送を流してしまおうという計画が上がっています。周波数は90MHz以上の部分を使っています。まだ計画段階のところが多く、実際放送しているのは、富山県や愛媛県の一部の放送局に限られます。また昔のラジオはワイドFMに対応していないものが多く、もし対応していないなら新しくワイドFM対応のラジオを買わなければなりません。

インターネットがあればRadikoもあるので、構わないという方もいらっしゃるかもしれませんが、手軽さはラジオのほうが上ですし、防災面でも有利です。特に東京、神奈川、埼玉、千葉の周辺では、2015年秋から冬にかけて、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送と人気のラジオ局が対応予定です。防災面はもちろん、FMかAMかきれいなほうを選択して聞けるメリットは高いですね!今のうちから準備しておきましょう♪