JDraf

AutoCADは高い!と言う人は互換CADを利用していることが多いです。よほど使いたい人が多いらしく、互換性の高いCADが多く販売されています。JDrafもそういったCADの1つです。DWGの互換性はもちろん、操作性や画面もAutoCAD風であります。

他のAutoCAD互換CADの不満は、住宅などで多い、JWWとの親和性が悪いことです。ファイルを読み込めないものが多いです。もちろんJWWとAutoCADは思想もまったく違うので完全に・・・というのは永遠の課題でしょう。しかしながらできるだけ近づけて・・・と考えたとき、JDrafも選択の1つに入ってきます。

JDrafはJWWのファイル互換性もあるのが特徴ですが、無償アドオンソフトJDraf Worksを入れるとJWW風のマウス操作、レイヤコントロール、クイックメニュー(クロック?)、や画面のアイコンなどもJWW風にできるのです。これならJWWユーザーがDWGを編集したい!!というときに、非常に便利ですね。まさに操作性まで二刀流の素敵なソフトです。

また、LISPやC++などでフルカスタマイズできるのもポイントです。

DWGファイルをJWW風に編集したい!と言う方にお勧めです。

JDraf