ARCHITREND ZEROのボリューム計画図

BIMが騒がれているとうことは、ソフトウェア業界の事情があるということを忘れてはならない。AutoCADもそろそろネタ切れですし。ということは成熟してきたということでしょうね。

同じ事はARCHITRENDにもいえます。新シリーズが出たことにケチを付けるわけではないが、最早完成されたソフトであるという側面は否定できません。といいつつ、自動立ち上げという擬似3次元の限界があるので、今後は更に使いやすく・・・ということでしょうね。

ARCHITRENDの機能の中で便利で気に入っているのが、ボリューム計画図でしょうね。敷地を書いて、北と道路と境界線の条件を入れてしまえば、自動的に斜線やボリューム確認ができる優れものです。

20150529100647

配置図をCAD入力し北、道路、敷地条件、斜線などを入力

20150529100729

グラフィカルにボリュームを自動で出してくれます。もちろん回転して見ることが出来ます。

20150529100748

この時点で、簡単な断面図も作成できます。図面化して張り込めば簡単なチェック図になります。

このような切れ味の良いツールが付属しています。自動立ち上げばかりが注目されますが、このような切れ味の良いツールが満載されているのがARCHITRENDの強みと言えます。