昨日の震度5弱の地震

さっそく予測が当たったと騒いでいる人がいそうですが・・・

昨日5月25日14時半頃、関東地方で強い地震が発生しました。最大震度は土浦市で震度5弱です。

箱根や富士山と勝手に結びつけて、不安を煽っている人もいるようですが・・・。

私は、その時間事務所にいました。突き上げるような揺れのあと、携帯の緊急地震速報が鳴り響きました。体感的には縦揺れのような、あまり体験したことのない揺れでした。府中地域の震度は3だそうですが、周囲の調布市や多摩市は震度4でしたから、場所によっては・・・それなりに恐怖を覚える揺れでした。

さて、現状、確実に地震を予知できる方法はないわけで、人の噂や情報に惑わされるのは非常に良くないことです。地震に対する備えをすることは非常に大切ですが、いたずらに心配するのはどうかと思います。

東京の場合は、人口が多いので、いざ地震が起きたら水不足が深刻になると思います。特に夏は。なので、まずは少しずつ水の備蓄を増やす・・・というのも大切なことだと思います。飲料水だけでなく生活用水は大量に必要です。雨水を溜めるタンクの設置や、ウォータータンクの購入し水を溜めておくことも我々ができることです。まずはできることから始めましょう。私はまずは一人暮らしでも最低1週間分が必要だとおもっています。飲料水はジュースなども代用できますが、1日一人3リットルを目安とすると・・・それなりに必要だと思います。生活用水はその倍です。風呂の残り湯なら120~200Lほどなので、かなりまかなえることになります。そういった準備や習慣を身につけておくことが重要です。水の目安も人によって異なりますし、季節によっても異なります。自分なりに実験してみることをお勧めします。