HOUSE-ST1 Ver5.0.2.8と6.0.0.4

木造構造計算ソフトのHOUSE-ST1 Ver5が、4月27にアップデートされました。約半年ぶりです。旧バージョンは安定感がでてきましたね。小さなバグフィックスがメインです。

私の周囲でもHOUSE-ST1を主力に使う人が増えました。Ver5での機能アップとVer6での上級者向け機能がミックスし、便利かつ実用的になっている良いバージョンになってきました。

Ver6もアップしました。こちらはまだまだ・・・という感じのアップ内容です。苦情が多かった出力関連のバグフィックスが多かったです。悪名高き直角三角形の床も変更されましたが、実際どのような挙動になるか?不安です。

機能追加としては、同一耐力壁線範囲を入力し、軸挿入した場合に同一耐力壁線範囲も軸の挿入に追従する機能を追加したそうです。あまり完成してからの軸挿入はしないので気がつきませんでしたが、最終段階では便利になったかもしれません。