H25年版の木造住宅用の省エネチェックアプリ その2

作っているといろいろな機能を搭載したくなるのですが、それは市販のソフトに任せて・・・

今日の仕事が終了(勝手に終了)したので、もう一度搭載したい機能をチェック

 

追加したい機能

・断熱材をプルダウンメニューで選択しシュミレーション(難易度★★)

・高基礎への対応(難易度★★★)

・勾配屋根部分の追加・妻壁部分の追加(難易度★★★★★)

・η値の略計算(難易度★★★★)

・計算内容のテキストファイル出力(難易度★★★)

この程度かな?テキストファイルにできれば比較検討がしやすくなるな。η値計算は意外と時間がかかるので後回しか。断熱材のプルダウンと高基礎は今回の検討で使うのでさっさとコーディングしよう。勾配屋根は・・・意外とチェックが面倒・・・。

自分でチェックすることは大切ですが、ちょっとしたツールを作っておくと便利です。excelが一番簡単なんですがね(汗)。省エネ計算はexcel版が公開されているのでつまらない・・・・。