パネリードXの可能性

パネリードXという商品をご存じでしょうか?

構造材同士の接合ビス・・・といえば、わかりやすいのですが、各種材料・接合方法に合わせた強度データの提出が可能という構造屋さん好みの製品です。これが嫌いでしたら木構造屋さん失格です(※嘘です)。

主な使用例として、重ね梁、梁・柱接合、パネル接合、多面せん断接合など。長さ、太さのラインナップも揃っており使い勝手が良さそうです。性能次第では、まくら梁、トラス、バルコニーを用いた耐力壁などいろいろ使えそうです。

もっともまだ忙しく仕様を入手していないのですが(汗)。

恐らく流行の兆しのある中大規模木造建築物向けなのでしょう(書いてあるし)。もちろん木造住宅でも利用できます。木造は鉄骨造などに比べて素材の安定性が少ないので、計算だけで確認するのは危険なのですが、気をつけて使えば、より合理的で強い建築物を作ることも可能だと思いますので、このような商品がでてくることは歓迎です。