エプソンからもスティック型パソコン

どこかの国をモノマネ・・・と揶揄する方もいらっしゃいますが、そもそも人間は真似るものです。その方法に問題があるかどうかは考えねばなりませんが。

というわけで、タッチタイプのスマホもあっという間に普及したわけで、昔で言えばDOS/Vパソコンもそうでした。

さて、ちまたではマニアを中心にスティックパソコンが流行の兆しで、やはり見逃しませんでした(笑)。エプソンダイレクトもあっさり参入しました!!Endeavor SY01です。技術的にはそう難しいことはないようですが、エプソンの場合、ビジネス向けのパッケージが秀逸です。今回も本体のみで19440円で販売していますが、キーボードセットモデルも23220円と比較的安価に納めています。5月下旬より受注開始予定・・・って大丈夫か??と思うスケジュールですが(汗)。

先行するマウスのものと基本的に似ています。HDMIに差し込むことで・・・というのも同じです(延長ケーブルを利用するそうです)。CPUもAtomで非力ですが実用的。ファン内蔵で内部を効率良く冷却できるそうです。テレビ裏って結構暑いですから、この仕様は歓迎します。

セットのキーボードはbluetoothではなくwifiのようで専用USBを接続するのでUSBがなくなります(涙)。よってこのキーボードセットを買うとUSBハブがないと・・・という残念な仕様になります。またセットアップ時にはそもそもUSB接続のキーボード、マウスが必要なので・・・初心者にはあまり勧められそうにありません。

意外と制限や突っ込みが激しい製品のようですが、それを理解すれば安価で面白いパソコンになりそうです。前にも書きましたが、お客様の家で手軽にプレゼンできるので、下手なタブレットよりもいいかもしれません。