アラミド繊維で木造の耐震補強?「アラテクト」

続々と新商品を出し続けるLIXILですが、木造耐震・構造も積極的ですね。

アラテクトは4月7日に発表された木造軸組の戸建て住宅向けの耐震改修工法です。室内側の壁に施工するタイプで、改修のために既存の壁や床、天井などを取り壊さずに施工できます。廃材がほとんどでないのがポイントです。

シート上状のアラミド繊維を専用のビスと座金で柱に止めつけるというシンプルな方法です。耐力は構造用合板とほぼ同等(5.3kN)。建防協評価も取得し、特許も出願中だそうです。

(ケンプラッツ記事より)

まあ真壁対応できていないので、助成金など使う古めの物件では適用が難しそうですが・・・詳しくは建防協のホームページを参照してください。