非木造のビルやマンションは本当に強いのか?

非木造のビルやマンションは本当に地震に強いのか?

久々に、なまあず日記styleの地震のコーナーに記事を書かせていただきました。写真やデータは東日本大震災で取材したのものを利用しています。要望があれば今後も記事を充実させていく予定です。

どうも地震の揺れに対する考え方が甘くなっているな~と感じたからです。地震に対する建物の性能は構造計算で決まるのではなく、設計で決まります。計算でギリギリを狙えば当然弱くなりますし、形状が複雑であればそれだけリスクは高まります。そして最新の建物なら大丈夫、というのも幻想に近いです。

設計も、計算や机上の設計というだけでなく、地盤調査や立地も含めトータルで考える必要があります。悲しいですが、最近は設計も分業化が進み、また経済性が重視されすぎている弊害が出てきています。そして住まう側もより一層の対策が必要だと思います。若い世代で、食料や水の備蓄をしていない人が意外に多いのも驚きですが、震災グッズだけ買って、震災時の家族間の連絡の取り決めをしていない家庭が多いのもびっくりです。震災で携帯電話が使えなくなる、ということは経験済みなはずなのですが、悲しい現実です。

設計側としても、耐震診断や構造計算だけでなく、更にもう一歩踏み込んだ設計や対策が必要なのかな、と最近特に感じますね。地震が発生してからでは遅いのです。