構造計算ソフトの差異

RC造などの一貫でも、計算の差異で部材など変わってくることがありますが、木造の場合はもっと顕著です。まあなかなか原則通りいかないですからね。

現在、アーキトレンドZEROの構造計算機能とHOUSE-ST1とkizukuriの同時入力で差異を見ているのですが、一長一短。なかなか同じようにはいかないです。

また機能差、計算に実装されているレベルも違うのでやっかいですね。詳細計算を交互ににらめっこしながら、異なっている理由やバグなどを検証しています。

意外と初歩的なバグはつぶしてなかったり(初歩的すぎて報告する気も失せる)、マシンやOSの問題もあったりするので、結構大変です。

ワーニングやエラーの出し方も各ソフト特徴があるので、それも悩みの種です。ワーニングすら出さないで計算もしてなかったり、そこは厳格にとらなくても・・・とか色々です。

3次梁、金物、めり込み、せん断、梁上低減、土台、はね出し、オーバーハング、根太レス・・・、斜め方向・・・。

まあソフトウェア会社じゃないので、実務に差し支えなく使えればいいのですがね。一応チェックです。