花子2015

学校の先生が利用している感じがする花子。名前が悪いのか??ビジネスであまり使おうと思う人は少ないらしい。といっても国産のグラフィックソフトの老舗。機能も安定しているし価格も安価なので重宝しています。

さて、もうすぐ発売の花子2015は、WordやExcelやAdobeなどを使っている人でも魅力的な機能が備わっています。

まず建築関係者は必見!!のパースグリッド!!この手のソフトで3Dタイプのパースグリッドが生成できるのは魅力的です。リフォームなんかで気軽に描ければいいな~と思っているときなど強力な武器になりそうです。ちなみにグリッド系は充実していて、方眼紙や楽譜、トンボ、立体展開図、レーダーチャートなど様々。操作も手軽なので試してみる価値はあります。

現在の花子で一番利用価値があるな~というのが、一太郎との連係で、「花子透過編集」でしょう。一太郎と花子が同一アプリケーションのような挙動で、動くのです。一太郎の文章を表示したまま、花子の作図が行えます。Windowsが普及し始めた頃、このような編集がウリだったはずなのですが、意外と不便で普及しませんでした。その点同一メーカーで歩調を合わせている両者の相性はいいんですね。しかも直感的ですし。

素材も実用的なものも揃っています。adobeなどよりも手軽で安価です。フルカラーのレーザープリンターや複合機が普及した今、印刷所に出さなければならない用途は確実に減っています。なのでこういう手軽なソフトはまだまだ必要ですね。何が何でもadobeやmicrosoftという時代でもありません(注:私はadobeもmicrosoftもヘビーに使っています)。特に2015は建築業界でもおすすめのバージョンになりそうです。