Windows8.1 with Bing搭載の超小型PC「LIVA」発売開始(ASCII.jp)

あの、ECSの超小型パソコンLIVAが「完成品PC」として販売されました。今まではキットみたいでしたからねえ。昔は作るの楽しいと思いましたが、今は趣味はともかく会社のパソコンはね・・・と思うと魅力的です。

というのもLIVAは超小型なのに拡張性が高く意外にいけるパソコンなのです。

なにしろ重量はたったの190g!!手のひらにのります。それなのにWindows8.1 with Bingが搭載されているので、そのままパソコンとして利用できます。もっともCPUはCeleron N2807、メモリ2GBと最新のタブレットクラスの性能。SSDも32Gと64Gです。

ただ、最近のWindowsタブレットの高性能さから考えれば十分と思える方も多いでしょうし、SSDも重いソフトのインストトールをしなければ十分です。何しろ安価なUSBハードディスクを搭載すればいいので。

うれしいのが標準でデュアルディスプレイに対応していること。D-subとHDMI両方搭載しているのでオプションなしでデュアルディスプレイを実現できます。CADユーザーでも魅力ではないでしょうか??USBも2個備えています、有線・無線LANも搭載。

Bluetoothまで搭載し、まるでノートパソコンと違和感ない充実の端子類が魅力です。キーボードなどは付属していませんが、持っているものが多いでしょう??意外に不要ですしね。

価格は三万円ほど。案外高いな~と考えるかもしれませんが、この端子類があれば十分でしょう。Windows8.1を試してみたいな~と言う方にもいいでしょう。

デュアルディスプレイが手軽に実現できるので、JWW+DocuWorksという設計事務所の必勝パターンで運用してみるのもいいかもしれませんね。

ASCII.jpの記事